今日中にお金借りる@スグ審査結果がわかる金融機関はココ!

キャッシング会社を選ぶ基準は、

 

 ・金利の安さ
 ・利用できるATMの数
 ・審査の通りやすさ

 

などがありますが、「今日中にお金を借りたい」というようなときは、「審査スピード」も重要になります。

 

ここでは、審査時間の早さや評判、審査の通りやすさで定評のある「プロミス」を例に審査時間の重要性について説明します。

 

 

<審査時間は、概ね1時間と見ておこう!>

 

一般にキャッシングの審査には、通常の審査に加えて、簡易審査があります。

 

簡易審査は、数秒〜10秒ほどの時間で審査結果が分かるもので、「今日中に借りたい!」という方には嬉しいサービスです。

 

しかし、審査項目を限定して行われる審査ですので、審査時間は短くなるものの、利用限度額が低く設定されやすい、という問題があります。

 

そのため、今日中にお金を借りる場合でも、1時間ほどの時間がある場合は、プロミスのようにきちんと審査してもらうところを選ぶべきでしょう。

 

今日中にプロミスでお金を借りるには、平日の14時までに審査を終わらせ、振込手続きをしてもらう必要があります。

 

そのため、昼過ぎくらいには申込を終わらせておくと、確実に今日中にお金を借りられる計算になります。

 

 

<自動契約機でカードを受け取ることも!>

 

プロミスの場合は、街の至る所に「自動契約機」があります。

 

自動契約機に行ってプロミスに申し込むこともできますが、申込をインターネットで済ませ、

 

カード発行

 

のためだけに利用することもできます。

 

プロミスの自動契約機は、概ね21:00まで営業していますので、申し込みが夕方以降になった場合でも、今日中にお金を借りれる場合が多くなります。

 

 

<専業主婦は、プロミスに申し込めません>

 

ここで、今日中にお金を借りたいと考えているのが、専業主婦であることもあると思います。

 

プロミスは、専業主婦への貸付を認めていませんので、レイクやバンクイックなど、専業主婦の申込を認めている所に申し込むようにしてください。

 

以下のサイトは、専業主婦も借入OKなところを紹介してありますので、参考になさってください。
→総量規制対象外カードローン【年収1/3以上の借入するならここ!】

即日融資ならモビットがおすすめ!

即日融資を希望している人にはモビットがおすすめです。
平日の9時から14時50分までに申し込めば即日融資が可能です。しかも、インターネットを使っての申込みなら審査にかかる時間はほんの10秒、申込みからたった3分で口座にお金が振り込まれます。携帯電話・スマートフォンにも対応しているので場所を選ばず申込みが可能です。モビット 申し込みはインターネットで申し込めば、面倒な郵送や電話での手続きが不要なのも嬉しいですね。
更に、借入の際は近くのATMやCD(キャッシュディスペンサー)からの利用が可能です。ATM、CDは全国に10万台以上設置されているので、出先で急にお金が必要になったときでも安心して利用できます。
また、返済方法も銀行振込やATMが利用できるので自分の都合に合せることができます。三菱東京UFJ銀行の口座を持っている場合は口座振替も可能です。もちろん返済シュミレーションをモビットの公式ホームページで行なえるので返済計画も無理なく立てることができますよ!
即日キャッシング

モビットに電話連絡・在籍確認はありますか?またどんな感じですか?

キャッシングの申込みには、通常、電話連絡による本人確認や勤務先の在籍確認が行われます。

 

電話による本人確認は、「本人であることの確認、および、申込みの意思の確認」のために行われるものです。

 

そして、在籍確認は、申込時に入力した勤務先に誤りがないことを確認するための手続きです。

 

これらの手続きがあることから、なかなかキャッシングの申込みができないでいる人も多いのではないでしょうか。

 

 

しかし、モビットの場合は、一定の条件をクリアする必要はありますが、電話連絡をなしにする方法があります。

 

その方法は、モビットの「WEB完結」による申込みです。

 

WEB完結は、申込み手続きから利用開始までの、すべての手続きをインターネットと電子メールだけで行う方法です。

 

モビットのWEB完結を利用するには、
(1)三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座があること
(2)必要書類を提出することに承諾すること
の2つが条件です。

 

 

まず、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座があり、その口座を振込キャッシングと口座振替の口座に利用することに同意する必要があります。

 

そして、「本人確認書類」「収入証明書類」「勤務先確認書類」の3つの書類を提出することに承諾します。

 

本人確認書類は、運転免許証やパスポートがあれば良いのですが、収入証明書類は、源泉徴収票や直近2ヶ月分の給与明細書などが必要になります。

 

さらに、勤務先を確認するための書類として、
・社会保険証または組合保険証
・直近1か月分の給与明細書
を提出します。

 

 

これらの書類を用意することができれば、モビットの電話連絡をなしにすることができます。

 

また、保険証が国民健康保険など、勤務先を証明できないタイプの場合は、通常の申込みとなります。

 

しかし、その場合でも「モビット」ではなく「個人名」での在籍確認となりますので、申込みの事実が勤務先に知られてしまうようなことはありません。